保管場所の位置 地番と住居表示

「車庫証明・名義変更サポート長崎」を運営する、「行政書士 中村法務経営事務所」の中村です。

 

車庫証明の書類を作成する際、申請書や承諾書に、「保管場所の位置」として所在地を記入する必要があります。

しかし、その所在地の表記方法には2種類あることをご存知でしょうか?

それが「地番」と「住居表示」です。

 

「地番」とは土地1区画ごとにつけられた番号のことで、主に不動産の登記の際に使用されています。

「○○市××町△△番□□」というのが、よくある地番です。

土地の権利書にはその土地の所在地が記載されていますが、所在地は地番で記載されており、都市部では住所と異なる記載になっていると思います。

 

以前は、住所も全て地番で表記されていたようですが、人口密集地では不都合が生じることが多くなったため、都市部では地番と異なる「住居表示」を使用するようになりました。

「○○市××▽丁目△△番□□号」というのが、よくある住居表示です。

また、この住居表示は建物があるところにしか付けられません。

建物があるところは住居表示になりますが、建物が無いところは地番のままです。

ですので、マンションの駐車場は住居表示がありますし、建物の無い賃貸の駐車場は地番しかないわけです。

 

注意しなければならないのが都市部の建物がある土地の場合で、ひとつの土地に地番と住居表示の両方があることになります。

基本的には住居表示で保管場所の位置を記入すべきですが、過去に地番で申請していたことがある場合、警察署でどちらが正しいのか確認が入ることになりますので、ご注意を。

 

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(土日祝日可)