車庫証明交付後に車台番号のみが変更になったら?

「車庫証明・名義変更サポート長崎」を運営する、「行政書士 中村法務経営事務所」の中村です。

 

今日は「海の日」らしいですね。

長崎も、そろそろ梅雨明けした気配? 暑い夏の幕開けです。

皆様も、お体に注意してお仕事頑張ってください。

 

さて、中古車の場合は関係の無いお話かもしれませんが、新車の場合は生産ラインの都合やお客様の都合などで、車庫証明が交付された後に、対象のお車の車台番号のみが変更になることがあるかもしれません。

特に、長崎県は車台番号決定前の車庫証明申請が認められていませんので、そういった事態が起こる可能性が高いです。

 

その場合は、交付済の車台番号が変更になる前の車庫証明と、新しい車台番号で作成した「自動車保管場所証明申請書」を持って、管轄の警察署に再申請することになります。

車台番号以外の情報が変更になっていなければ、自認書・承諾書や所在図・配置図は前回提出したものを使い回してもらえるので、無くても大丈夫。

ラッキーですね。

 

ただし、手数料(証紙代)はもう一度必要になりますし、新しい車庫証明の交付は申請の翌日以降になりますので、やっぱり2回警察署に出向かなければなりません。

そこはアンラッキー。

 

そして、こういった対応は管轄の警察署によっても違ったりすることがあるので、念のため、事前に電話で確認しておくことが大事です。

 

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(土日祝日可)