印鑑証明書と車検証の住所

「車庫証明・名義変更サポート長崎」を運営する、「行政書士 中村法務経営事務所」の中村です。

 

さて、今回も車手続きの書類についてのお話ですが、手続きの際にはいろいろな書類を用意する必要があります。

例えば、お車の名義変更の場合であれば、旧所有者の方と新所有者の方の印鑑証明書が必要になりますが、場合によってはそれだけで済まないことがあります。

 

注意しなくてはいけないのが、名義変更前の車検証に記載されている旧所有者の住所と、ご用意いただいた旧所有者の印鑑証明書の住所が同じかどうかです。

同じであれば問題はありませんが、違っていると、印鑑証明書の現在の住所と車検証の以前の住所とのつながりを証明できる書類が追加で必要になります。

 

転居が1回だけであれば、現在の住所にどこから転居してきたかも記載されている住民票が。

複数回転居しているようなら住民票だけでは全て分かりませんので、戸籍の附表という書類が必要です。

住民票なら地元の市町村で取ることが出来ますが、戸籍の附表は本籍地でなければ取れませんので、場合によっては遠隔地まで取りに行くことになり結構面倒ですね。

 

何にせよ、無ければ手続きができない訳で、早めに確認をして準備を進めておくことが大事です。

 

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(土日祝日可)